アイリッシュハープと『神々や星々』と喜びあい楽しみあうリトリート


先日、夜が明ける少し前

ぐっすり寝ていたわたしは突然パチっと目を覚ましました。



いつもとなんだか違う感覚で 寝起きのボーっとした感覚もなく 意識はクリアー



久志のさとのおトイレは外にあるので まだ暗がりの中外に出ると群青色の空に明けの明星『金星』が明るく輝いていました。



いつもならこの時間に目が覚めても(4時前ですから)お布団に戻って2度寝するのですが、なんだかこの朝は外にいないといけない気がしました。



久志のさとの夜明け前はとても涼しく 人や鳥たちもまだ寝静まっている時間

虫の鳴き声だけが静かに聞こえています。



つい最近出来上がった手作りのウッドデッキに座り、空を見上げ、虫の声を聞きながらそこに居る木々たちの存在を感じていると、遠くの林から一番鳥の鳴き声が聞こえてきました。



そうしていると、明けの明星が見えるあたりの空が少しずつ明るくなりはじめ

他の鳥たちも目を覚ましだし朝の挨拶がはじまりました。




鳥たちって目が覚めると一斉に「おはよう♪おはよう♪」と叫び出すんですね〜


あんなに静かだったさとが、それは、それは、にぎやかになりますから



【新しい1日は夜から始まり闇から光が生まれてくる。『闇夜』に育まれ生まれた私たちにとっての新しい世界がスタートする。】



8月に久志のさとで開催されるリトリートのテーマは『夜』そして神々や星々とともに育んだ新しい光、世界の創造



なんだか、その新しい世界が生み出される瞬間に立ち会えたような、そして鳥たちはその新しい世界が創造されたことに歓喜しているような、そんな感覚になりました。



あ〜8月のリトリートに向けて着々と準備が整えられているんだな


リトリート開催のその日まで、まだまだ色々と熟成されてゆくんだな


と、感じた次第です。



さらに宇宙の深い深いところにつながってゆきただ今真っ只中の闇夜の世界から新しい光を、命を、世界を、生み出すためのプロセスとして天に采配されたことを淡々と喜んで楽しんでやってゆくだけだな



『アイリッシュハープと『神々や星々』と喜びあい楽しみあうリトリート』は8月27日(土)&28日(日)です。



天に采配されたご縁のあるみなさんと心深くして楽しんでゆきたいとおもいます。

まだお席はありますので


詳しくは久志のさとホームページから https://hisashinosato.wixsite.com/my-site-1/irishharp-2



先日の明け方の出来ごとはこちら↓の動画でご覧いただけますよ



群青色の空に明けの明星が光る☆



一番鶏の鳴き声が向こうの林から聞こえてきた!



鳥たちの歓喜の声✨