• officeshihorin

体験者の声

最終更新: 9月3日

オンライン個人セッションを受けた方から、たくさんのご感想をいただいております。

みなさんの中で何かが変わった、解放された、『本当の自分=神意識』の自分に気づかれたことを大変嬉しく思います😭


そして、それぞれの『神話』を言葉にして語っていただきました。

みなさんこれからその神話を創造し、喜びで体験してゆかれますね!きっと✨


体験された方の声を一部ご紹介いたしますね。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


しほりさん

ありがとうございました😊


常々感じて、そうなりたいと何処かで感じてたことが神の意識だったとは気づかず

自分の宇宙が求めていたことはそこだったのか!

日々感情を認識します。


特別に何かしなきゃとか、人のためとかじゃないこと

みんなに気づいてほしいですね。


豊かさの扉をありがとうございました❤️


PS. どうしてこんなに、人の言葉にいちいち反応してしまうんだろう

心が平和になったらどんなに楽だろうと思ってきたけど、いろんな感情に気づくためだったんですね😊




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


なんか、すっごく頑張れそうです!


あの短期間で10人以上の方に個人セッションしていただけたんですね。

私も「なるほど〜!」となりましたが、他の方々もきっとそうなんだろうなぁ。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


セッションありがとうございました。


私の内なる神 がともに動こうとして指示書を出してくれているのに気づかないまま

最近なんでか独り言で自分を叱ったり、呆れたり...

エッ! 何これって。。。あんた最近おかしくない?


モヤっとしていたその訳がわかってとても嬉しいです。

 

今朝も畑で水やり 収穫させてもらいながら、ひとつひとつの作業に意識して「いのちを吹き込む」丁寧な関わりを、と心しました。

 

ずっと、ずっと、もっと、ゆっくり丁寧に魂を入れてそう言われてたのですね。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今日はありがとうございました。


ところで、神になった自分がやりたいことで、縄文人で生きる云々と言ってましたが、ハタと気づきました😳そうここ最近思っていたこと。


それは、白川神道みたいなことを学ぶ仲間作り。

あくまでも、自分も一緒に神を掴む学びをするという三次元的世界でした。


「神の視点で」と言われた時は、三次元から抜けれず、まだぼんやりとしたところがありました。ところが、セッション終了後、自分が神の視点にたつと、ワ〜ッと思いが湧き出し、「そう、私は神!だから、神の仲間作りをする!」これが望みでした。


そしたら愛と平和に満ちた美しい地球が作れる!そんな思いが湧き出しました💖


自分が神になる、神の世界に住む、やっとその感覚がわかったような気がします。


やっぱりセッションを受けてよかったです!こういうことだったのかと確認作業ができて本当に良かったです!ありがとうございました。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今日は想像以上のセッションありがとうございました!


ノート書く習慣はあるんですけど気づきばかり書いていたので

感情を書き出したり、自分ストーリーを丁寧に書きだします✨


本当に本当にすごいセッションでした!


一緒に向き合って掘り掘りしてくれてありがとう✨😭


生きてるって楽しいっていう充実感

わたしが、わたしをしっかりとぜーんぶ笑顔で愛して味わっていきます✨


しほりんありがとう!!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


自らの神話づくり 〜「ことはじめ」へのアンカリングとコミットメント〜

記事:ことはじめライター/白銀肇

自分の感情、いまの自分に対する思い、そして、これから何をしたいのか。

これらのことを、自分の言葉として「発すること」ということに、今回のセッションの「凄み」を感じた。

このセッションは、しほりさんに話をしている、というよりも終始「自分に語っている」という感覚だった。

心の内を探りながら、感情の言葉を選び、なぜその言葉を選んだのかを語ることで「確かにこのとき、こんな事を感じて、あんなことを考えていたな」と、心のうちが炙りだされていく。それが、自分自身を味わい、噛み締めるような感じでもあり、ぼやけていた自分像に焦点を当て、自分の姿をきっちりと浮き彫りにさせていくような感覚だった。

そして、いまの自分への思い、これからの自分神話、と進むにつれて、言葉を音として発することの大切さと、それこそ「凄み」を感じていった。

ノートに言葉を書き綴るのも同じことだろうと思うが、口で言葉を発し、耳で聴くということで、心への刻まれ方がまた違った。

私の場合は、それが、これからやろうとすることー「ことはじめ」という自分事業―へのアンカリングとコミットメントというものだった。このとき、肩の力は抜けつつも、肚に力が注がれるような感覚になった。

「いま」を再確認して、「未来」をコミットメントする。

一言で表すと、自分にとってはまさにこんな感じになるのだろうが、いずれにしても、「いま」の感情を再確認するところから始まるところに奥の深さがある。そもそも、それが自分自身との「向き合い」なのだから、こればかりは逃げも隠れもできない。

自分の感情をきっちりと俯瞰することから始まり、自分が何をしたいのか、その方向性をしっかりと言葉に表すこと。それが「自分の軸となる」ことを、あらためて腑に落としたセッションだった。

40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示