災害からわたしたちを守ってくれる母なる地球の愛

更新日:2月5日

わたしたちはそれぞれの世界で ドラマを創りだして生きています。

なんだか宇宙はわたしたちを生かすために あの手この手で仕掛けをしてくるようですね。

意識が現実を創っているといいますが わたしのこの頭で考えている意識とは別次元の わたしがわたしにとっていいようになるように

目の前に起こってくるコトを操作しているように思います。

肉体をもったわたしがわたしだけでなく わたしを取り囲む世界も この地球も宇宙も

そして目に見えない世界もわたしで 目に見える世界のわたしに 奇跡的なコトをやってみせてくれます。

先日大阪で大きな地震がありました。

幸いにもわたしは 大阪でも震源からはなれている 泉南市の自宅にその朝いました

この日は一日家で仕事をすることにしていたのです。

揺れは大きかったですが 食器が動くわけでもなく 割れるわけでもなく 無事に過ごすことができました。

実はわたし

昔から災害がみごとわたしを避けてくれます。

地震と言えば 23年前に起こった阪神大震災のときは わたしはカナダにいました。

2011年の東日本大震災の後

余震が続く中 何度か東京に行くことがあったのですが

わたしが東京に行っている間 まったく揺れることがなかったのです。

東京入りする前日には震度4ほどの揺れ

東京を離れ大阪帰った直後に再び揺れて

わたしが東京にいる間は 全く地震が起こりませんでした。

以前北極圏の小さな村に住んでいたときなどは お友達が別荘を持っている無人島に訪れたとき

嵐がやって来るということで主人と小さなボートで 家まで戻ろうとしたとき 暴風雨と雷の嵐にあいました。

大波の中ボートを走らせ 雷が追いかけてくるように迫っていたのだけれど

見事、わたしたちがボートを陸に上げ 4輪バイクをとばして家に着き 中に入った途端に 雷が村を縦断して通り過ぎてゆきました。

その時は命からがらですが なんとか無事に家に戻って来ることができました。

今回の地震で倒れたお茶碗 きれいに並んで壊れずに踏ん張っていてくれました。

今回の地震では食器もモノも壊れるコトなく無事でした!

日本でのことですが 凄い雷が家の近所に落ちたときも

わたしたちのご近所さんは 電化製品が壊れてしまったのに わたしの家はなんの被害もありませんでした。

かずかずの台風 アメリカに行ったときに起こったハリケーン

ワタシを避けてくれるようにして

わたしの行くところを先に浄化して

わたしが行く頃には すっかり通りすぎている

というケースが ほとんどでした。

なんでこんな現象がおこるのか

それは

内なる自分の欲求に気づき 内なる自分の感情に気づき 本当に自分が望んでいることを叶えてあげ そして母なる地球につながると

わたしたちは 母なる地球によって守られ 与えられるようになるからなのです。

25年ほど前

北極圏の村でひとりぼっちになった時

「わたしといればあなたは大丈夫」

と母なる地球が言ってくれました。

わたしたちは 母なる地球に守られて 災害や災難に合うこともなく

家族も守ってあげることができるんですよ。

この何年もの間の経験をとおして それをつくづく実感するのでした。。。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Facebook

中村志保里公式LINE@

Instagram



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

中村志保里公式Line@

質問もこちらで受付てます

登録はこちらから ↓↓


友だち追加

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Kindle 電子書籍で読める 宇宙脳の取扱説明書

宇宙脳を開花させてゆくと、どんどんシンクロが起こってゆきます。

そして、宇宙や地球や目に見えない存在さえも味方につけてしまいますよ。

だって私たちは創造主だから!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


最新の情報が届くメルマガ登録はこちらから↓