• officeshihorin

愛をかんじる領域

12月23日。東大阪市にある枚岡神社のお笑い神事に行ってきました。


仲よくさせていただいているお友達にご縁を結んでいただいて

このお笑い神事を一般の方にも広めてこられた仲東宮司とたっぷりお話しをさせていただける時間をいただきました。

仲東宮司がお話しされることは、わたしがかんじる世界、体験してきた世界ととてもリンクしていました。

自然に意識を向け生きとし生けるものと話しをし、生かされていることに喜びと感謝の気持ちをもって生きていくこと。

目に見えない世界の働き。我欲のない意識(=ゼロポイント)で行うと思わぬ幸せや豊かさがやってくること。

頭では後悔するようなことがあってもそれは実は意味があっておこっていることで、わたしたちの人生は自然と運ばれていること。

など、他にもたくさんお話しを聞かせていただいたのですが、仲東宮司もご自身の体験をとおしてわかってこられたことをわたしたちに語ってくださいました。

笑うことでわたしたちの中にある「天の岩戸」が開かれる。

お笑い神事をとおして、日本中の人にメッセージを伝える。

そこから世界中に広がって、人々の心の中の天の岩戸が開かれ、この地球が変化する。

同じような思いを持っていらっしゃる仲東宮司とお会いでき、とてもとても嬉しかったできごとでした。

そんな素敵な時間を過ごした翌日、久しぶりのセッションをしました。

セッションを受けてくださる方と同調してエネルギーの交流をおこし

「なんて気持ちがよいのだろう!本当に幸せだ!」

という領域にいくのですが、わたしも受けてくださる方と同調してるので本当に素晴らしい体験をさせていただくことができます。

わたしたちが一緒にアクセスできる領域は「愛」そのもの。

わたしという存在も溶けてしまって相手の方と一体化したい気持ちになります。

そして「愛してる。愛してる。」という気持ちが沸き起こり涙がどっと溢れてきます。

そこに至ると、いいも悪いもない。

今まで気にしていたことや、あれこれ話していたことが色あせていき、色々気にしていた自分が消えてなくなります。

心の平安があり、とても精妙なバイブレーションで包まれます。

そうしてさらにかんじていくと、最後にはわたしたちのエネルギーフィールドであるトーラスエネルギーが全開で動き出し

高速で回転し始め、天と地を通るエネルギー、銀河の形の横回転のエネルギー、右と左に回転するエネルギーがはっきりと見え出します。

わたしたちの「愛=天意」の意識での現実創造は、このトーラスエネルギーが発動することで創造されていくのですね。

愛をかんじる領域。

わたしたちの中にある天の岩戸が開かれ、わたしたちの肉体や意識の準備が整うと

「愛=天意」をかんじる領域にアクセスでき、また「愛=天意」を下ろしてくることができるのでしょう。

そうして、その「愛=天意」をトーラスエネルギーにのせ現し体験していく。

みんながそれをできるようになれば。。。そんな世界はどんな世界なのだろう!

************************


0回の閲覧0件のコメント